お勧めコミック: マイホームヒーロー (第一部) の感想

comic/comic_1/my_home_hero
2019/01/13 更新

主人公サイドへの感情移入、明らかに極悪な半グレたち。読んでいてこんなに緊張感のある漫画は久しぶり、というか初めてかもしれない。短いせいもあって、一気に最後まで読んでしまった。寝不足も上等と思える漫画に出会えるのは幸せなことだ。

導入部のストーリーを箇条書きで。

  • 主人公・鳥栖哲雄は、映画 Searching を思い出させるちょっと過干渉のオヤジ。一人娘の零花を溺愛。まあまあ良い関係を保っている。
  • ある日、一人暮らしをしている零花と喫茶店で会った鳥栖哲雄は、娘の顔に殴られたあとを発見する。帰り道、すれ違ったヤクザ風の若者が娘の名を口にした。「まさか」と思いながら尾行すると、見つかってボコボコにされる。
  • 娘の安全を本気で心配するようになった哲雄は、合鍵を使い娘のアパートをチェック。そうしているうちにヤクザの彼氏が帰宅。哲雄はクローゼットに隠れる。
  • ヤクザ彼氏は、仲間との電話によって哲雄の尾行を知り怒り狂う。凶暴な性格、元カノを 2 人殺していることが明らかに。
  • 哲雄は娘を守るため、不意打ちでヤクザ彼氏を殺害。警察に届けてもいずれヤクザの復讐を受けると考えた哲雄は、妻とともに殺人の隠蔽を図るが・・・



主人公

鳥栖 哲雄 (とす てつお)

仕事はおもちゃ会社の営業、趣味は推理小説を読むこと、ネットに書くこと。これまでに約 50 の推理小説を書いている。その経験を生かしてヤクザ彼氏の死体を解体し、鳥栖夫妻を疑うヤクザ・恭一と渡り合う。

名言

  • そもそもお前たちが 娘を殺そうとしたから殺したんじゃないかっ..! 零花が..妻が.. 僕たち家族が生き残る「正解」がないんじゃないかっ..! お前たちが.. お前たちがいる限り–


ヒロイン

鳥栖 歌仙 & 零花 (とす かせん & れいか)

哲雄と妻・歌仙は、大学の頃からの知り合い。終始哲雄に協力的で、動画作成や骨を恭一の家に残す場面で決定的な活躍をする。夫婦とはかくありたいものである。


娘の零花は、もう少し賢くなった方がいいかもしれない。


サブ

真島 恭一 (まじま きょういち)

半グレ組織のメンバーで、哲雄夫妻が実は殺人犯ではないかと疑っている。父がヤクザに殺された過去を持ち、稼いだ金で実家の食堂を再建することを夢見ている。

最後の晩餐として哲雄にオムレツを作ってやるなど、実は人情家な部分もあるが、結局はその優しい部分を哲雄につけこまれる。


広告

コメント欄

フォーラムを作ったので、各ページにあるコメント欄のうち、コメントがついていないものは順次消していきます。今後はフォーラムをご利用下さい。管理人に直接質問したい場合は、下のバナーからブログへ移動してコメントをお願いします。


関連リンク