おすすめ漫画: 出会って5秒でバトルのレビュー

UBHcomic/comic_1/deatte_5s

このページの最終更新日: 2020/07/08


よくわからない運営がいて、能力を与えられた参加者たちの活躍を描く、ある意味でよくある設定の話。アクマゲームトモダチゲーム (Amazon link) みたいなもの。

他の作品のオマージュが多数入っているような気がする。霧崎の名前はサブの欄に書いた通り、凍らせる奴はなんだかジョジョっぽい。

ちょっと面白いのは、能力の設定。主人公の能力からして「相手があなたの能力だと思った能力」。その他、以下のようなちょっと普通でない能力が与えられていて、それをどう使うかという駆け引きが醍醐味になっている。

  • 2 秒間だけ無敵になる
  • 相手の能力を 1/10 にしてコピーする
  • ボタンを紐に変える
  • 木の枝を何でも切れる剣に変える
  • 体液から拷問道具を作り出す
  • 相手との間で暴力行為が届かなくなる交渉能力
  • 手を地面につけている間、攻撃を無効化
  • 相手の能力をコピー & ペーストできる


主人公

白柳 啓 (しろやなぎ あきら)

能力は「相手がそうだと思った能力」。ゲームが得意で優等生の賢い主人公が、駆け引きをしながらこの難しい能力を使いこなしていくのが、この漫画の面白さ。「相手」は敵だけを意味するのか? 「相手」に具体的に能力を想像させるにはどうすればいいか? 味方に能力を教えてしまって、その後敵になったら? などなど、考えるべきことはたくさんある。


ヒロイン

天翔 優利 (あまがけ ゆうり)

母親が「偶然」出会った男を連れ込んだり、「偶然」ちょっと優しくした男がストーカーになったりという経験から、偶然が嫌い。決め手は母親に自分が「偶然」できちゃって人生がメチャクチャと言われたこと。

能力は「身体能力を五倍にする」。人間には「身体能力」というパラメーターがあるわけではないので、筋力など様々な能力が 5 倍になった結果、パンチ力などは 5 倍以上に強くなっているらしい。普通の人間にはそれを扱うのは無理だが、天賦の才能でそれを使いこなしている。



サブ

霧崎 円 (きりさき まどか)

最初に出会った敵が、最大のライバルかつ友人になるというパターンの変形。

霧崎は剣で切り裂くことからだろう。「円」という名前は、なんとなくハンターハンターでノブナガが最初に見せた「円」からきているような気がする。

11 巻で登場する祖母が剣術の達人。荘子の「庖丁解牛 (ほうていかいぎゅう)」を例に、「切るのは己ではなく、刃に導かれるように通すべきところに刃を通すだけ」という剣術の極意を伝える。これによって、「何にでも切れる剣」が相手の能力まで切れるようになる。つまり、能力の強制解除を身につける。



広告

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment