吸血鬼ハンター D シリーズの感想

UBH/novel/fantasy/fortune_quest

このページの最終更新日: 2023/01/19

作品紹介と感想


吸血鬼ハンター D

記念すべき第一作。ドリス・ランとダンの兄弟、マグナス・リイ伯爵とラミーカ、ミドウィッチの蛇女、空間歪曲人間の麗銀星。「時だましの香」はあるが、他の話で出てくるような解釈が難しい魔術はなく、肉弾戦的なものが中心。D がグレコごときに不覚をとり、人面疽に助けてもらう場面も。

貴族の機器を無効にする青いペンダント、吸血鬼モードになってパワーアップという設定も、この本から既にある。D は崩れる城に飲み込まれ、一応生死は不明のまま終了する。

記憶に残っている表現
  • 神祖「おれたちは、かりそめの客なのだ」
  • ラミーカ「D は・・ドラキュラの D ですの?」

風立ちて “D”

昼に活動できる吸血鬼の話。比較的シンプルで純真無垢なドリスとは対照的に、複雑な過去をもつヒロインのリナ・スーインの運命がなんとも物悲しく、余韻が残る。シリーズで一番好きな作品。

記憶に残っている表現
  • 戦闘のメイン・ファクターは一にスピード、二にパワーである。

関連サイト

コメント欄

サーバー移転のため、コメント欄は一時閉鎖中です。サイドバーから「管理人への質問」へどうぞ。