お勧めコミック: 怨み屋本舗のレビュー

UBH/comic/comic_1/uramiya


神アプリ の著者である栗原正尚の代表作で、多数の続編がある。怨み屋とその工作員たちによる復讐代行業の話。

「軽い感じ」「ひねりのない感じ」「微妙に不自然な感じ」が病みつきになる作風。これを狙ってやってるならすごい。例えばこれ。「ウラミヤ」と聞いて、「浦廻谷」なんて字を思い浮かべる人がいるだろうか?

栗原正尚、全 20 巻。




広告

主人公

怨み屋 (宝条 栞, ほうじょうしおり)

本名不明、イニシャルは S.H. とされており、後半で名前や生い立ちがわかってくる。

普通、これ系統の漫画の主人公はかなり高い倫理感をもっているものだが、怨み屋にはあんまりない。26 話、串焼き屋のトラブルで、関係ない客を食中毒にさせた解決方法は相当に非道なもの。

報酬は数百万以上と高額。

聖福教という宗教団体

名言
  • しかるべく!
  • 私は「怨み屋」!!! 「殺し屋」ではありません。怨みの無い殺しはしない主義です。

ヒーロー

情報屋 (獅堂詠示 しどうえいじ)

怨み屋のパートナー。複数の戸籍をもっていて、その中には怨み屋と結婚しているものもある。最初はフケまみれの不潔なキャラだったが、髪を切ったあたりから格好良くなっていく。クラッキングスキルや情報網を生かして活躍する。

仁義を重んじ、怨み屋よりもかなり正義感がある。トメ吉という名前の亀を溺愛しており、通っているペットショップの息子 (中学生) のために無償で働くエピソードも。



名言
  • 人間は太陽に向かって歩けば影を踏まない お前さんは影を踏むにはまだ早い

サブ

シュウ (宝条 脩)

怨み屋の実弟にして、熟女専門ホストで、ホストクラブの客にヨシエさんという強い味方がいる。通信教育でボクシングを習っていて、それなりに強い。ツボマッサージ三段の資格も通信教育で取得。

虐待を受けていた女子高生の杉河里奈 (すぎかわ りな)、オタクの十二月田猛臣 (しわすだ たけおみ) とともに怨み屋本舗の工作員。

名言



雑感

怨み屋本舗シリーズの順番

多数の続編がある。

巣来間風介

横浜支店の元マジシャン工作員、巣来間風介を主人公とする。本編から数ヶ月後の設定で、高校を卒業した杉河里奈が、大学の近くにある横浜支店に移動して引き続き登場。本店のメンバーも普通に出てくる。

巣来間は、世を忍ぶ仮の姿として、眼鏡をかけて地味に役所で使えない公務員を演じている。「必要悪」が怨み屋の哲学だが、巣来間は正義感で動く傾向がある。

支店長の「シェケナべく」は病みつきになる。


コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment