パンデミック: 拡張パッケージの解説

game/simulation/pandemic_expansion
2018/01/11 更新


  1. 概要
  2. 追加ルール
    • 新しい職業
    • 新しい Epidemic card
    • 新しいイベントカード

広告

概要

パンデミック Pandemic は協力型のボードゲームまたは iOS アプリである。プレーヤーはウイルス対策チームの一員となり、爆発的感染 (パンデミック) を防ぐために協力してゲームを進める。

このページでは、私が iPad でプレイした iOS 版の拡張パッケージを紹介する。クラシック版については こちらのページ で紹介している。

パンデミックには、以下の 2 つの拡張版がある。どちらも in App purchase でわずか数百円なので、買って損はない。


  1. Virulent Strain Challenge: 8 種の特殊な Epidemic カードが追加され、感染キューブがおかしな振る舞いをするようになる。クリアが難しくなる。

  2. On the Brink: 6 つの職業、8 のイベントカード、5 人プレイなどが追加される。



ルール

新しい職業

Troubleshooter
トラブルシューター

ターン開始時に、そのターンが終了した際に感染される都市を見ることができる。Infection rate と同じ数だけ。

また都市カードを使ってその都市に移動する Direct flight をしても、都市カードを失わずにすむ。これは地味に便利。

Archivist

他のプレーヤーはカードを 7 枚しか持てないが、Archivist は 8 枚持つことができる。

上の技能以上に重宝するのが、Player Discard Pile から自分がいる都市のカードを回収できるという技能。カード集めに役に立つ。

例えば誰かが New York カードを使って移動したとき、New York カードは Player Discard Pile というところに破棄される。Archivist が New York にいれば、そのカードを入手できる。

手持ちカードが多くなりすぎて破棄したカード、Cure に使ったカードも、同様に Player Discard Pile に行くので利用可能である。

Epidemiologist

Researcher の逆で、同じ都市にいる他のプレーヤーから任意のカードを受け取れる。Action にならないのが嬉しい。

Contaminant Specialist

感染キューブが 2 個以上ある都市では、そこに移動するだけでキューブを 1 個取り除くことができる。

Generalist

1 ターンに 5 回の action を行うことができる。他のプレーヤーは 4 回。

Field Operative

1 ターンに 1 個だけ、1 action を使って感染キューブを手元にストックすることができる。

感染キューブが 3 個たまると、都市カード 3 枚で Cure ができるようになる。


新しい Epidemic card

Vilulent strain という拡張パッケージ。

最初の Epidemic card が引かれたとき、4 色のうち 1 色が Virulent strain としてランダムに指定される。この Strain にいろいろ悪いことが起こる。

Introductory モードでは 4 枚の Epidemic card が使われるが、以下のうち 4 枚がランダムに入るようである。

Uncounted populations

このカードが引かれたターン後の感染のときに、Virulent strain のキューブが 1 個だけ置かれている都市に、キューブがさらに 1 個置かれてしまう。

Hidden pocket

根絶 eradicated されている場合に、その効果がなくなる。

Rate effect

都市が感染する過程で Virulent strain のカードが引かれてしまった場合、さらに一枚の都市カードが引かれることになる。

ゲーム終了まで持続するのか? → おそらく、次の Epidemic カードが引かれるまでのようだ。

Complex molecular structure

Virulent strain が Cure されていない場合、Cure に必要なカード数が +1 される。すでに Cure されていれば何も起きない。

Government interference

Virulent strain の感染キューブが置かれている都市にいるプレーヤーは、少なくとも 1 つのキューブを Treat したあとでないと移動できなくなる。

Dispacher やイベントカードで他のプレーヤーを動かすときにも適用される。他のプレーヤーで Treat を行うことはできないので、つまり動かせなくなる。

Chronic effect

Infection の過程で引かれる都市カードのキューブが 0 個の場合、1 個でなく 2 個のキューブが置かれてしまう。

すでにキューブが置かれている都市には、通常通り 1 個のキューブが追加される。

Slippery slope

Virulent strain のアウトブレイクが起きると、アウトブレイクのマーカーが 2 個移動してしまう。

Unacceptable loss

このカードの感染ステップで、Virulent strain の感染キューブがストックから 4 個 (4 個以下しかない場合は残り全部) が取り除かれてしまう。

キューブがなくなってゲームオーバーとなる可能性が上がる。


新しいイベントカード

On the Brink には、以下の 8 種のイベントカードが含まれている。Classic 版にあるカードもゲームに使われるので、計 12 種のカードのうち何枚かが使われることになる。

Remote treatment

任意の 2 つの感染キューブを取り除くことができる。

Mobile hospital

そのターンでは、歩くだけで都市から感染キューブを取り除けるようになる。Cure 後の Medic みたいな感じ。

Commercial Travel Ban

カードを使ったプレーヤーの次のターンが来るまで (つまり 4 または 5 ターンの間)、Infection rate が 1 になる。

入手したら速攻で使うのが良い気がする。

Re-examined Research

プレーヤーを一人選び、Player Discard Piie からカードを一枚回収させることができる。

Archivist の技能に似ているが、誰でも使えて、その都市にいなくても OK なため、もっと強力と言える。

Special Orders

他のプレーヤーのコマを、自分の action を使って動かせる。

New Assignment

プレーヤーを一人選んで、職業を変えることができる。


広告


コメント欄

一言コメントをどうぞ! (100 字まで)

参考サイト

  1. Hobby Japan 公式サイト. Link: Last access 2018/01/08.