お勧め漫画: ブラックジャックによろしくの感想

UBH/comic/comic_1/black_jack_regard

このページの最終更新日: 2023/01/27

作品紹介と感想

研修医の主人公・斎藤が、さまざまな科で問題を引き起こす物語。医療、または日本の医療システムの問題点を指摘するパターンになっており、基本的に 漫画には重過ぎるテーマ ばかり扱っている。

  • 夜勤バイト - 病院多すぎ、夜間は研修医のみ
  • 第一外科 - 植物状態と延命措置
  • 第一内科 - 医局問題
  • 新生児集中治療室 - 未熟児と差別
  • 小児科 - 急患受け入れ、たらい回し
  • 第四外科 - がんと告知、未承認薬
  • 精神科 - 患者の差別

登場人物にあまり親近感がもてず、読んだ後に暗い気分になること請け合いだが、健康なうちに読んでおくべき漫画だろう。iPhone App Store で無料で読めるほか、Kindle 版は Amazon で 0 円 である。

海猿の作者でもある佐藤秀峰の作品。全 13 巻。

ブラックジャックによろしく 評価チャート

主人公

斉藤 英二郎 (さいとう えいじろう)

名門・永禄大学を卒業した研修医。理想を追求する医者として、あらゆる配属先でトラブルを起こす。

基本的に患者のためを思った行動で、結果オーライとなることが多いのだが、「未熟児を自分で引き取って育てる」と言ったり、勝手に患者を転院させようとしたりと、いまいち納得できない行動が多い。とくに、登場人物の頭の中では「手術数が多い = 名医」という式が成り立っているようだが、患者を転院させてまで北先生に手術を頼む根拠がよくわからない。単に思い込みが強い、というようにしか見えない。

ブラックジャックによろしく 斉藤英二郎

ヒロイン

皆川 由紀子 (みながわ ゆきこ)

新生児集中治療室の看護師、斉藤の彼女。

情緒不安定で、あまり良いパートナーには思えない。もうちょっと自立していてほしいところ。全般に、この漫画では魅力的な登場人物がいない。教授はほとんど悪人だし、主人公やヒロインは悩んでばかり。

ブラックジャックによろしく 皆川由紀子

サブ

赤城 カオリ (あかぎ かおり)

手術部に勤務するお水系の看護師。「新」では病気・生い立ちなどが明らかになるが、ここでは目立った描写はなく、斉藤を煽る役目に徹している。

ブラックジャックによろしく 皆川由紀子
広告

雑感

統合失調症

精神科では 統合失調症は全人口の 1% という話が何度も出てくるが、これは本当の話である。詳しくはサイドバー (スマホの場合は下に表示されているはず) の 病気・免疫 というリンクから統合失調症のページに行ってみてほしい。

1% というのは驚くべき数字だ。あなたが 1 クラス 30 人、3 クラスの学校を卒業したなら、その中で一人ぐらいは統合失調症と診断されていることになる。ただし 1% というのは障害調整生命年という方法を使って算出した数値で、単純に人口比ではない。

統合失調症患者の 5% は、最終的に自殺する という報告もある (Palmer et al. 2005a. The lifetime risk of suicide in schizophrenia: a reexamination. Arch. Gen. Psychiatry 62, 247-253)。統合失調症患者のケアは、先進国における喫緊の課題となっている。

コメント欄

サーバー移転のため、コメント欄は一時閉鎖中です。サイドバーから「管理人への質問」へどうぞ。

関連リンク

コミック版
Kindle