東野圭吾 白夜行と幻夜

UBH/novel/mistery/higashinok_white_night

このページの最終更新日: 2022/07/26


  1. 白夜行 (小説)
  2. 幻夜 (小説)

白夜行 (小説)

1999 年に出版された小説。読んだのは遠い昔だが、とにかく面白かったことだけは覚えていた。再読することができたので、章ごとに簡単にまとめてみる。それぞれの章で、江川の引退とか現実の出来事が書かれていて、年が特定できるようになっている。

雪穂と亮司は綿密に連絡を取り合っているはずだが、二人の関わりの場面は一切書かれない。また、「亮司はこう思った」的な内面の描写もなく、行動のみが淡々と書かれるのが表現上の特徴になっている。


第一章

桐原亮司と西本 (のちに唐沢) 雪穂の小学生時代。質屋を営んでいた桐原の父が殺され、雪穂の母に容疑がかかる。しかし決定的な証拠はなく、雪穂の母も死亡 (ガス自殺?) する。雪穂の賢さ、亮司の暗さは描かれているものの、まだ彼らが犯罪に関与しているという雰囲気はない。

第二章

雪穂が中学生になり、盗撮されている。イニシャルRKと藤村都子が襲われる事件から、怪しい気配が漂ってくる。

第三章

亮司が斡旋する怪しいバイトの話。彼らは高校生になっており、亮司のヤバさが増している。雪穂は登場しないが、なりすましが多分彼女の仕業か。

第四章

雪穂の家庭教師や養母が登場。亮司のコンピューターゲーム「サブマリン」が、実は雪穂が盗み出したものであることが示唆される。雪穂の母親の死にも疑惑が立ち上ってくる。

第五章

雪穂は大学生になり、ソシアルダンスのサークルに入る。友達だった江利子が可愛くなって、製薬会社の御曹司、篠原一成と付き合うようになったのを嫉妬。おそらく亮司に江利子を襲わせる。

第六章

亮司がキャッシュカードの偽造をしている。出回り始めたころのキャッシュカードは、暗証番号が記録されていたと聞いたことがあるが、これは本当なのか。

第七章

雪穂の結婚話。旦那が結婚式の直前に派遣社員に告白しそうになるが、盗聴と亮司の活躍で事前に阻止。

第八章

雪穂の妊娠がフェイクであったことが示唆される。亮司の両親の質屋を手伝っていた松浦が登場。スーパーマリオの偽造。「俺の人生は、白夜の中を歩いているようなものやからな」というタイトルに繋がる亮司のセリフ。亮司を父親殺害事件からずっと追っている刑事ササガキも登場。切り抜きが手を繋いでいる女の子と男の子というのも暗示的だ。

第九章

高宮誠と雪穂が結婚している。高宮、人間が小さい。「これだけ待たせて、結局手抜き料理なのかっていってるんだよ」。共働きなら、自分のメシくらい自分で作れ。後半、高宮が三沢千都留と出会ってから夫婦仲がぎくしゃくしてくるのは痛々しい。酔って殴ったというのは雪穂の嘘だろうが。

第十章

高宮と離婚した雪穂に、篠塚一成の従兄弟との結婚話が持ち上がる。ただし、篠塚は江利子の一件から雪穂を疑っている。経営しているブティックショップの資金源についても怪しみ、探偵の今枝に依頼。

第十一章

篠塚が探偵の報告を聞く。今枝にも感情移入しかけたところだったが、この章の最後で亮司に襲われてしまう。

第十二章

亮司が栗原典子をたぶらかし、青酸ガスを手に入れた経緯が語られれる。笹垣と篠塚が出会う。「長い物語みたいなものです。それが始まったのが十八年前。けど、物語はまだ終わっとらんのですわ。決着をつけるには最初に戻らんといかん」。亮司が典子と大阪に出かけて何かをし、その後雪穂の養母が急死する。

第十三章

長い最終章。出だしは笹垣と、今枝の相棒・菅原絵里。さらに優秀な後輩刑事・古賀。彼らの会話から、雪穂への疑惑がさらに膨らんでゆく。雪穂は篠崎一成を前章で誘惑するも思い通りにならず、45歳の会社役員・篠崎康晴と結婚。子供の美佳はそれを不満に思うが、女性を懐柔するにはレイプという方法論を既に確立している雪穂に陥れられる。

笹垣の話から、確定的ではないものの、過去の事件などの真相が浮かび上がってくる。亮司の父は幼い雪穂にいたずらをしていた模様。美佳へのセリフから、悪者は複数か。姑獲鳥の夏にもあるように、こういうのは尾を引く。「白夜」という言葉は使われていないが、雪穂も真っ暗ではない夜を歩いてきたとのこと。雪穂の店も R & Y で、実は彼らのイニシャルそのままだ。

松浦の死体が唐沢家の庭から見つかる。亮司の父が雪穂を母から買っており、雪穂を幼女にしようと動いていたのが最初の事件を引き起こす決定打だった。「彼らは自分たちの魂を守ろうとしているだけなのだ。その結果、雪穂は本当の姿を誰にも見せず、亮司はいまも暗いダクトのなかを徘徊している。」

笹垣に発見され、迷わず死を選んだ亮司の衝撃的なシーンで、20 年近くに及んだ物語は余韻を残しながら終了する。見向きもせずに去ってゆくのが雪穂なりの答え方、彼女を守ろうとした亮司への愛情なのだろう。


幻夜 (小説)

美冬 = 雪穂なのだろうが、それは本文では明らかにされておらず、読者の想像に任せるという形をとっている。ここでは同一人物と仮定して書く。ただ、美冬が終盤で言っているように、雪穂に憧れて、そっくりになるように整形したというのが本当だとしても、とくに矛盾は生じない気がする。

実際の関わりが書かれなかった白夜行の雪穂・亮司ペアに対して、美冬・雅也の関わりは、性的なシーンも含めて細かく書かれる。

個人的には、これはミステリアスな雪穂のイメージを損ない、ちょっと残念。「あたしらは、きれい事をいえる身分やないねんで」「それが勝負の分かれ道や」など、関西弁のせいもあって単なるギャンブラーの姉御のように見えてしまう。

全体的に、白夜行では世界に対する絶望感のようなものが、はっきりと書かれていない分だけ全体を良い感じに覆っていたのに対し、幻夜でややや通俗な雰囲気になっているように思う。こちらも十分に面白いが、個人的には白夜行の方が好みである。


第一章

半沢直樹の実家のような小さな工場の息子、雅也。バブルが弾けて父が自殺、ろくでもない叔父の俊郎に生命保険料をたかられているときに、阪神大震災が起こる。それに乗じて雅也は俊郎を殺してしまうが、その場面を新海美冬に見られていた。

第二章

美冬は銀座の宝石店で働いている。 同じ職場で働く5人の女性がいずれもストーカー被害に遭っている。

第三章

美冬がカリスマ美容師のはしり・青江をたぶらかす。雅也は職人としての腕で小さい工場で職を得るが、これも実は美冬が他の職人の手を傷つけたから。

第四章

曽我が登場、本物の新海美冬を探す。誰からか不明だが、雅也のもとに殺人をみていたという脅迫状が届き、美冬はすぐに犯人を「取り除く」決意を固める。

曽我は残念ながら行方不明になり、美冬が別人の可能性が示される。

第五章

華屋の社長・隆治と美冬がいちゃいちゃする。一方で雅也は精神を病みつつあり、マグロの刺身が食べられないなどは生々しい。

加藤が曽我の失踪事件を調べて美冬に引っかかりを覚える。「腕のいい金属職人」にも何かをかんじる。

第六章

美冬と華屋社長の結婚話に怒ったカリスマ美容師・青江が、美冬の会社から独立しようとして嵌められる。ペンダントの件で再び美冬の傘下に入る。

第七章

立体的に宝石を配置する指輪は、浜中の案だったことが明らかになる。浜中は美冬に食ってかかるが撃退される。刑事の加藤が調べを進める。

第八章

華屋社長・隆治の姉である頼江が登場。美冬の義理の姉である彼女は、親族一同とは違って美冬をあまり良く思っていない。とくに昔からの知り合いが周辺に全くいないことを不審に思う。雅也を使って籠絡する。

第九章

頼江とともに、美冬の過去を調べに京都へ行った雅也は、とうとう美冬が別人であることを確認する。「俺が彼女と過ごした夜は、全部幻だったのか—」「何があっても美冬を守る。たとえ彼女との夜が幻であってもー」。一方、刑事の加藤も同じ情報にたどり着いていた。

第十章

加藤が美冬のパートナーを探し、陶芸教室で雅也の名を聞く。美冬も迎撃体制を整える。

雅也は曽我未亡人と話し、曽我による脅迫が美冬のしわざであったことに気づく。続いて、これまでぼかされていた雅也が実際に曽我にしたことが明かされる。

雅也は美冬から離れ、彼女の過去を探る。風と共に去りぬ、ホワイトナイトなどのキーワードも登場。

第十一章

雅也、加藤がそれぞれ調べを進める。本物の新海美冬は、おそらく雪穂の店の従業員だったのだろう。

第十ニ章

美冬がアメリカで大規模な整形。隆治は人工的な感じがして、その顔を好きになれない。雅也は勤めていた工場の設備を借りて銃を密造、美冬を狙う。最後もぼかされてはいるが、銃が暴発して雅也と加藤が死亡、という救いのない結末っぽい。

関連リンク

  1. 『白夜行』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで! Link: Last access 2022/06/23.

コメント欄

各ページのコメント欄を復活させました。スパム対策のため、以下の禁止ワードが含まれるコメントは表示されないように設定しています。レイアウトなどは引き続き改善していきます。「管理人への質問」「フォーラム」へのバナーも引き続きご利用下さい。

禁止ワード: http, the, м (ロシア語のフォントです)


このページにコメント

Name:


Comment:



これまでに投稿されたコメント

Date Name Comment