小松左京「さよならジュビター」の感想

novel/science_fantasy/komatsus_byebye
9-28-2017 updated


作品紹介と感想

とにかくスケールが壮大 な SF 作品。子供の頃から何度も読んでいる。

作品の舞台は 22 世紀。惑星工学が発展し,火星の氷のプレートを溶かして資源にする計画が進んでいた。プロローグでは,火星の氷層の下からナスカ絵が現れてくる。この地上絵は,遥か昔に太陽系にやってきた宇宙人からの警告のメッセージだった。映画のノベライズ作品。

雰囲気が似た作品,というか,同じように スケールの大きさが好きな作品

  • 火の鳥
  • 7SEEDS (コミック)

一昔前の二流 SF のアイディア

批評も多い作品だ。とくに 映画はひどい評価を受けている。曰く,一昔前の二流 SF のアイディア。確かに,ブラックホールが地球に向かってくるなんてのは使い古されたストーリーかもしれない。映画の公開が 1984 年なので,現在から見ると一昔前どころではない。

読ませる作品に仕上がっているのは,たぶん圧倒的なディーテールと筆力のおかげだと思う。とくに,荒れ狂う木星の大気に宇宙船でダイブしていく描写は,他の作品では見たこともないほどの迫力に溢れている。

太陽系のはるかかなたにある彗星源からやってくる彗星が激減し,探査のためその方向に飛ばした宇宙船も行方不明になる。現在の読者なら「ああ,ブラックホールね」という感じだと思うが,たぶん 1980 年代には珍しいアイディアだったのではないかと思う。この「何かが迫ってくる」雰囲気も,緊張感をもって描かれている。


タイトル

惑星資源を利用するプロジェクトの一つとして,木星に人工的に核融合反応を起こさせ,太陽系開発のためのエネルギーとする js 計画が進んでいる。結局,木星をブラックホールにぶつけて軌道をそらすことになり,これがタイトルの由来だ。

このほかに,ヒッピー的な価値観の宗教団体が出てきて,木星の破壊を邪魔しようとする。その教団のシンボルが「ジュピター」という名前のイルカで,これがサメに襲われて死んでしまうのだけど,これとかかったタイトルになっている。


広告

その他の好きなところ

第 5 章でリンドバーグから話が再開する間の取り方がたまらない。

詰め込みすぎ なところ。木星の大気の中に宇宙船が沈んでいて,これを探索するのが前半の目的なのだが,ブラックホールの話が出てくると宇宙船は忘れられる。これは批判されてるポイントでもあり,まあ実際いらないエピソードでもある。しかし,あえてこれを入れてしまった勢いが逆に良い。


小松左京

SF 御三家の一人。他の二人は筒井康隆と星新一。1931 年生まれ,2011 年に 80 歳で他界。つまりこれは 50 歳ぐらいの頃の作品ということになる。


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (100 字まで)

関連サイト