お勧めコミック: 野望の王国のレビュー

comic/comic_1/yabou
5-26-2017 updated

暴力で日本を支配する という野望に取り付かれた 2 人の東大法学部生のバイオレンスストーリー。美味しんぼの原作者がこのような話を描いていたのは驚きだった。

主人公たちはとにかく 野望 にとりつかれているため,それを達成するためにあらゆる手段を講じる。この 何だかわけの分からない勢いと熱さ が本作品の魅力である。

例えば単なるチャウチャウでも,野望に溢れた男が連れているとライオンのようなサイズになる。有名なマンガ紹介サイトでも もっとも面白いマンガ として紹介されている

当サイトでは過去に多くのマンガを紹介してまいりましたが、その中でどのマンガが一番面白いか?と問われれば、迷わず「野望の王国」であると断言することができます。「この世を支配するのは金と暴力」をテーマに東大法学部の学生が、天才的頭脳を悪用し、暴力団、宗教、警察、そして日本政府までもを牛耳ろうとするその破天荒で前例のない東大生バイオレンスは、J君の人生観を180度変えてしまうのに十分なインパクトを持っていました。


妙なところで説明的な長ったらしいセリフが入るのも特徴で,美味しんぼ (初期中期)と共通した雰囲気をもっていると言えなくもない。

原作: 雁屋哲,作画: 由起賢二。電子書籍 完全版全 27 巻。



広告

主人公

橘 征五郎 (たちばな せいごろう)

横浜のヤクザ・橘組の五男。妾腹であるため兄弟にいじめられて育ち,その結果として野望を抱くに至った。

しかし,暴力で日本を支配するためには敬愛する兄・征二郎を殺害しなければならず,野望と兄弟愛のジレンマに苦しんでいる。他人から見ると奇妙な悩みのように思えるが,当人は本気である。



ヒロイン

看護婦たち

この作品は野望に燃える男たちの物語であるため,女性はほとんど登場しない。唯一ヒロインらしいのが征五郎の妹,文子だが,ここではセリフまわしの秀逸さから看護婦 (とくに左側) を選んだ。



サブ

柿崎 憲 (かきざき けん)

東大法学部卒,史上最悪の警察署長。川崎中央署に異動してきた。

主人公らと同じく野望に燃える男だが,暴力団のかわりに警察を選んだ。現在の組長・橘征二郎を蹴落とすために征五郎らと手を結ぶが・・・

単に秀才なだけでなく,格闘技にも銃の扱いにも長けた 蒼白き悪魔 である。

名言

  • この世を支配するのは暴力だっ! 暴力が全てだっ!


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (基本500字まで - 100字のページもあるかも)


関連リンク

  1. 山陰大学しりとり研究会のページ. Link. この漫画を読まないと,人生 7% 損している。

コミックk