おすすめ漫画: 動物のお医者さんのレビュー

comic/comic_1/veterinarian
10-28-2017 updated



大学の研究室の雰囲気がとてもよく描かれている。もうかなり古い漫画だけど、チョビ、ミケ、ハスキー犬たち、漆原教授、菱沼さんたちを強烈に覚えている人は多いと思う。動物のしぐさの描き方もすごく上手だと思う。動物・大学漫画の不朽の名作。

「獣医」は英語では veterinarian [vetərəneəriən] という。長い上に、曖昧なシュワ ə の音が多くて覚えるのが難しい。単に vet と言っても通じるので、とりあえずはそう覚えておくのがいいかもしれない。




広告

主人公

ハムテル (西根 正輝)

初登場時は高校生。漆原教授に「獣医になる」と予言され、H 大の獣医学部へ進む。冷静沈着というか、かなり老成した性格の青年で、周囲からも信頼されている。素朴なツッコミが面白いが、ある意味、人間味がないとも言える。

将来的には動物病院を開業することになると思われる。漆原教授が顧問になったら大変だろう。ドラマでは要潤が演じている。


ヒロイン

菱沼 聖子(ひしぬま せいこ)

普通の意味でのヒロインではない。とろい。血液が大好き。

初めてこの漫画を読んだときは、博士課程というのが何なのか想像もつかなかった。いつの間にか菱沼さんよりも年上になってしまって感慨深い。

就職がみつからずオーバードクターになり、ようやく地元の製薬会社に就職する。就職後も大学で研究を続けているという、ある意味羨ましいキャリアである。



サブ

漆原 信 (うるしはら まこと)

H 大学獣医学部病院学講座の教授。ハムテルや二階堂のボス。

とにかく行動が自由。張り切って動き回ると、そのぶん周りの人の仕事が増えるという実にありがちな教授だが、気合が勝負の治療では学生に完全に信頼されてるのが面白い。

20年ほど前に、2 年間アフリカに滞在したことがある。橋本信夫というモデルがいるらしい。


名言
  • ふーむ理想像か・・・ そんなものは他人に求めるものではない。自分が理想の獣医師になればいいのだ。


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (100 字まで)

関連リンク

  1. 動物と人間のハートフルコメディ「動物のお医者さん/佐々木倫子」レビュー. Link: Last access 10/29/2017.
  2. 動物のお医者さん Link: Last access 10/29/2017.

愛蔵版