おすすめ漫画: 七夕の国のレビュー

comic/comic_1/tanabata
5-25-2017 updated


寄生獣の著者,岩明均の秀逸な短編。

主人公の南丸 (通称ナン丸) は,紙に 1 mm ぐらいの小さい穴を開けるという超能力の持ち主。ある日,所属する大学の丸神教授に招かれ,超能力の起源である「丸神の里」をめぐる騒動に巻き込まれていくことになる。

超能力を「窓の外」と解釈しているのがおもしろい。ナン丸のような能力は,窓の外に「手が届く者」であり,そこにあるものをちょっと掴んで持ってくる能力らしい。彼らとは別に,窓の外を認識できてしまう「窓を開いた者」がいる。これらの能力は,「カササギ」と呼ばれる者たちの陰謀だったことを突き止める 最後の謎解きは鳥肌ものである

岩明均,全 4 巻。




広告

主人公

南丸 洋二 (みなみまる ようじ)

とくに嫌いなわけでもないが,これといって感情移入するところのない主人公。せめてもう少し真面目に顔を描いてくれればよかった。



ヒロイン

東丸 幸子 (ひがしまる さちこ)

「窓を開いた者」。能力者の兄がいて,超能力によって虐待されていた過去をもっている。能力には否定的である。

窓の外が見えてしまうため,言動や精神状態は不安定。最後は悪人と一緒に窓の外へ飛び込もうとするが,主人公によって制止される。



サブ

丸神 正美 (まるかみ まさみ)

大学教授。超能力が使え,かつ「窓を開いた者」であるため,丸神の里の神官として招かれ,大学から姿を消す。

姿を表してからは,最後の謎解きまで担当するストーリーの根幹に関わるキャラクターになる。


広告

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (基本500字まで - 100字のページもあるかも)


関連リンク

コミック