おすすめ漫画: シュート 新たなる伝説の感想

comic/comic_1/shoot_legend
7-26-2017 updated


シュート! シリーズの最後を飾る作品。私は神谷嫌いで,ヒロがお気に入りなので,神谷推しの他のシリーズよりは読んでいて面白い。

しかし,新たなる伝説は最後の 1, 2 巻で作画が崩壊する。あと恩田のかませ犬っぷりがすごい。

小野や高原が出てくるが,サッカー漫画で実在の選手を出すのはやっぱり良くないと思う。小野のシュートで GK は吹っ飛んだりしないので,こうやって 小野 >> 漫画のキャラクター という場面を出されると,上手さのレベルがよくわからなくなってしまう。

サッカー好きか? というセリフに代表される,全編通してのメッセージは熱い。

大島司,全 16 巻。




主人公

伊東 宏 (いとう ひろ)

本編の主人公。左足のみを使う特異なプレースタイルの持ち主で,「田仲のパワーと平松のテクニックをあわせもつ」と言われるほどのプレーヤー。

個性を敵視する監督によって冷遇されていたが,大原監督に抜擢されてチームの中心人物になる。



ヒロイン

大原 由実子 (おおはら ゆみこ)

中学校時代のトシたちを指導していた大原監督が九里浜にやってくるところから,この物語が始まる。

自身もアメリカでサッカーをしていたが,弟が自らをかばって交通事故にあったことから選手としての道を諦め,監督になったというエピソードが語られている。


サブ

藤長 佳幸 (ふじなが よしゆき)

九里浜のボランチ。ヒロとは中学時代からのチームメイトで,「あいぼー」と呼ぶ。

キープ力と意外性のある良プレイヤーとして描かれており,馬堀のライバルという感じを出しているが,最終巻では日本代表に選ばれていない。


名言

  • オレは久々に感動したぜヒロ! オレはモーレツにお前とサッカーしてるのが面白くてたまんねーんだ。

コメント欄

一言コメントをどうぞ! (基本500字まで - 100字のページもあるかも)


関連リンク

  1. きよの漫画考察日記. Link.

Kindle

コミック