お勧め漫画: 3x3 EYES の感想

comic/comic_1/3x3_eyes
3-8-2017 updated


作品紹介と感想

中国の妖怪,ヒンドゥー神話などを題材とした伝奇漫画の草分け的存在。主人公の不死身設定,世界観,獣魔術などオリジナリティが非常に高い。

とくに 1 - 3 部はテンポもよく最高。異次元空間に行くあたりで少し中だるみしているように思う。途中で読まなくなってしまい,完結後に再読。獣魔術をまとめて使ったら光線になっていうのは納得いかない。それだったら獣魔の個性がなくなってしまう。舞鬼の態度の変化もちょっと・・・。

とはいえ,全体としてみればとても面白いファンタジーで,壮大な話が読みたい人にはうってつけだろう。

高田 裕三,全 40 巻 (続編あり)。



主人公

藤井 八雲 (ふじい やくも)

額の无 (ウー) は「無」という漢字の中国語表記。三只眼に命を吸い取られ,不死のしもべになった印である。

不死という能力を生かして戦う主人公。ストーリーの合間にちゃんと修行して,獣魔術も次第に覚えていく。土爪 (トウチャオ) は忘れられない技。光牙 (コアンヤア) を覚えていた感動した。



ヒロイン

パイ & パールバティー 4 世

このころに「ツンデレ」という概念があったんだろうか? と思って調べてみた。Wikipedia によると,2002 年前後に使われ始め,2005 年には一般的な用語になったようである。3x3 EYES の連載は 1987 年からなので,まさに「時代を完全に先取りしたツンデレヒロイン」である。

三只眼吽迦羅 (さんじやんうんから) という三つ目の妖怪で,パイとパールバティーの二重人格。

パールバティーは強力な術を使うことができるが,体力を消耗し倒れてしまう。術は弱いが不死身の八雲とは最高のコンビである。



サブ

ベナレス

物語のかなり最初に登場するが,最後までラスボスとして君臨する。鬼眼王の无なので不死身。獣魔術の発明者でもある。

主人公より圧倒的に強くて不死身なので,どうやれば倒せるのかわからないほどの敵キャラだった。実際最後まで倒せない。


広告


コメント欄

一言コメントをどうぞ! (100 字まで)

関連リンク

  1. サザンアイズの斬新さ,ということ - ということ日記. Link.
  2. サザンアイズを読んだわけですけど. Link.

コミック

Kindle